三井住友銀行グループ プロミス

申込から融資時間目安:1時間〜2時間
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 最短30分
土日祝日即日融資 22時まで対応
カード発行

あり(なしも可能)
当日中に発行可能

スマホでATMから借入

可能
セブン銀行のみ対応

24時間365日振込対応 ※1

三井住友銀行
ジャパンネット銀行

※1メンテナンス時間を除く


プロミスは、即日融資を受けるための条件が充実しており22時まで即日融資に対応しています。
申し込みからスムーズに行けば1時間程度で契約まで行けるというのが嬉しいところ。


ただ、契約自体はその日に出来ても実際に現金を手にするのが翌日以降になる業者も少なくありません。


プロミスの場合は契約直後に融資を受けることが出来ますし、その融資方法も充実しているのでどれかの方法を使えばほぼ確実に融資を受けることが出来ます。

  • 振込による融資(三井住友銀行、ジャパンネット銀行は24時間365日振込)
  • アプリローンによるスマホでATMを操作し出金
  • カードをその日のうちに取りに行きカードで出金
  • 三井住友VISAプリペイドへチャージし利用

中でもプロミスが他社よりもいち早くスタートしたのが「アプリローン」を利用し、セブン銀行からATMを操作し出金するといった方法です。


これは、スマートフォンのプロミスのアプリを利用し、セブン銀行のATMをカードレスで操作を行います。つまりプロミスはインターネットで申し込みを行い、契約後アプリをダウンロードすればセブン銀行まで行く一手間自体はありますが、融資を24時間365日いつでも受けることが出来るということです!


また、審査スピードもかなり早く、最短30分審査回答と広告では記載されてはいますが、実際に検証したところ申し込みから審査回答までは約15分程度というスピードでしたし、申し込み後のメールに記載されているフリーアドレスへ電話する事でより審査時間を早くしてくれ、急いでいる人には最もおすすめ出来るカードローンだと私は考えています。


もう1点、魅力的な部分で初回契約時は30日間無利息期間が利用できるというのも嬉しいところ。


基本的に銀行カードローンでも消費者金融でも50万円以下の融資であればほとんど金利に違いはありません。多くの人は金利1%に対してをこだわる人が多くいますがこれは正直時間の無駄です。


少しでも低い金利の業者を選びたい気持ちも確かに分かります。プロミスの場合は借入した翌日から30日間無利息期間が利用出来るので、一旦は金利の面を考えることは必要なく、更に短期的な融資であればあるほど、結果として銀行カードローンよりも安い利息で利用できるので個人的には急いでいる人はプロミスを選んでおけばまず間違いないと考えてます。



以下では、実際にプロミスへ申し込みを行いアプリローンを使ってスマートフォンで出金するまでの一連の流れを記載しています。


この手順に添って融資を受けられることは現状最も早いので是非急ぎの人は実践されてください!



    プロミスの申込資格について

    最初に申込資格に該当していない人はそもそも申込をしても審査に通らないので、まず申込資格を見ていきます。といっても申込資格は大半の人に該当するので心配は不要です。


    • 年齢20歳以上の69歳以下の人
    • 安定した収入のある人

    この2つの条件を満たしていれば学生でも、パートアルバイトの人、主婦の人、外国人の人誰でも申込を行えます。


    ただし、無職の人は申込条件に該当しないので注意しましょう。


    では、これらの条件を満たしていると想定し、最も早く融資を受ける方法を以下で実践してみました。
    累計で1時間8分で契約までを行えましたので是非実践されてください。


    申込は必ずインターネットから申込を行うコト!

    プロミスには4つの申込方法があります。

    • インターネットからの申込
    • 電話からの申込
    • 申込用紙をFAXで郵送し申込
    • 無人契約機へ行き申込

    この中で最も楽なのがインターネットというのは言うまでもありませんね。


    電話だと口頭ですべて説明しなくてはならない為、約30分程度掛かります。また申込用紙を取りに行く、プリントアウトしFAXで送信はかなり面倒ですし、無人契約機の場合はカードをその場で受け取れるメリット自体はあるのですが、来店する手間が掛かります。


    なので、申込は必ずインターネットから申込を行うようにしましょう!


    申込方法はフル入力でお申し込みを選ぶこと!

    次に、申込方法はフル入力でお申し込みという方を選択しましょう!


    フル入力でお申し込みを選んでいるイメージ画像


    どうしてフル入力がいいのかというと、入力自体の項目が多いのですが仮審査の完了までそのままいけるからです。


    逆にかんたん申し込みの場合は、入力項目自体は少ないものの入力後に電話が掛かってきて結局フル入力と同じ内容を口頭で伝えなければ仮審査がスタートしないからです。


    本当に急いでいる場合はフル入力でお申し込みを選択するようにしましょう!!


    申込完了後に仮審査完了の電話連絡が来る

    申込が完了すると、仮審査が始まります。
    審査落ちの場合はメールで届きますが、審査通過の場合は電話が掛かってきます。


    内容はこの後の手続きは来店するのかどうかといったものです。


    今回は、スマホのアプリローンを利用するためにあえて来店せずに手続きをすすめるという旨を伝えました。


    そこでオペレーターの人に書類提出の方法等を教えてもらえるのですが、手順は簡単です。


    電話後すぐに「書類提出のお願い」という題名のメールがプロミスから届きます。


    アプリを利用した本人確認書類の提出方法


    これは余談ですが、書類提出時はアプリ上からカメラが起動します。

    このカメラを通じて撮影したデータを送付する形になるので前もって用意していた運転免許証の写真やコピーしたものを撮影したものは利用できないので、必ずこの時に原本を用意しておかなければならないので注意!


    書類提出後は在籍確認が行われる

    書類提出後は、会社への電話確認による在籍確認が行われます。


    プロミスの場合は、
    「今から会社へ電話しますよ!」というアナウンスがなく書類提出後に自動で行われる流れになります。


    電話連絡をして欲しくないという場合は、仮審査完了時の電話のタイミングでその旨を伝えましょう。


    ただ、この電話の内容は担当者個人名で電話が行われるのでプロミスと名乗らないのでマイカーローンやショッピングローンなどでも当たり前に電話が掛かるのでカードローンの利用なんだと会社へ勘ぐられる事もないのであまり気にしなくても大丈夫です。


    本人が必ずしも電話で対応する必要もないので会社にいなくても問題ありません。


    在籍確認は後日スライドしてもらうことも可能!

    会社への電話連絡は全く問題ないけれど、会社が休みで誰も電話に出れない状況である場合は、それを電話の際に伝えておくようにしましょう。


    貸付残高を一旦最小の10万円になる可能性もありますが在籍確認を後日にスライドしてもらうことも出来ます。
    別日にしてもらって一旦は契約した後は数日後に会社への電話連絡が来ます。


    こちらは日時の指定は出来ません。


    在籍確認の完了後は契約を行う

    在籍確認完了後は契約を行う流れとなります。カードありの場合は1週間以内にカードが郵送で送られてくる流れとなります。


    郵送物が自宅に届くのは避けたいという人は、後日でもいいので無人契約機へカードと契約書を受け取りに行くという方法もあります。

    もっと楽な方法はカードレスで契約し、契約後にプロミスの会員登録をアプリで行えば契約書も電子交付されるので後から郵送物は一切届きませんしカードを物理的に持たないのでカードを見られてバレるということもありません。


    契約後はアプリローンを利用し出金する

    ここまで掛かった所有時間は1時間14分です。
    仕事の休憩の合間を縫って書類を提出したので10分程度ロスがありましたが、契約が完了したので、アプリローンを利用してみます。


    この方法はセブン銀行のみに限られるので近くのセブンイレブンに移動しました。


    プロミスのアプリにログインしておく

    最初の準備段階としてプロミスのアプリにログインしておかなくてはなりません。


    プロミスのアプリ内の画像


    これはプロミスのアプリのトップページの画面なのですが、この状態になっていればOKです。


    セブン銀行のスマートフォン出金・入金を押す

    次にセブン銀行のスマートフォン出金・入金を押します。


    セブン銀行ATMのトップ画面のイメージ


    これを押すとQRコードが表示されます。


    画面の表示のQRコードをアプリで読み込む

    次はプロミスのアプリを立ち上げ、先ほどのスマホATM取引のボタンを押します。


    次に「出金」か「入金」かを選びます。


    選んだらカメラが起動するのでATMに表示されたQRコードをカメラフレームの枠内に入れます。


    入れたらすぐに「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が表示されるのでそちらを入力します。


    入力すれば、金額の入力をすれば出金が完了です。


    セブン銀行ATMで出金された時の写真


    スマホ1台で利用できるし、操作も簡単なのでもうカードは不要な時代なのかもしれません。


    今回は完全にインターネットで契約を行いました。契約までは1時間10分程度。

    そこから仕事終わりにセブン銀行へ行き出金をしたので移動時間を込みで合計で概ね3時間程度で融資を受けることができました。


    22時まで営業しているので、契約自体は22時までに終わらせておけばいつでも融資は受けれます。


    はじめて融資を受けた翌日から30日は無利息期間なのでこの間は元金だけ返済すればいいので、かゆいところまで届いているサービスなので迷っている人はプロミスを選んでおけばまず後悔はされないと思います。


    プロミスは土日祝日関係なくこの手順で融資を受けれる!

    プロミスは土日祝日も通常通りの審査を行っているので上記で紹介した手順はもちろん土日祝日でも融資を出来ます。


    こちらも急いでいる場合は銀行の営業時間に左右する振込融資はおすすめ出来ません。


    カード受け取りもしくはアプリローンを利用して融資を受けるようにしましょう!
    また、在籍確認時に会社が日曜日で休みだった場合は、今日は誰も電話対応出来ないというのを仮審査完了後の電話連絡時に伝えるようにする事をお忘れなく!


    プロミスから即日融資を受ける手順まとめ

    どうでしたでしょうか?
    私自身の感想としては思ったよりもスムーズで、尚且つオペレーターの人も早く契約を受けるためにという事を親身に対応してもらえたのでかなり好感を持てました。


    さすが大手の三井住友銀行グループだけあってオペレーターの方の対応も満足いったものとなりました。
    最後に、どうしても今日中に借りたい!という人の為に重要な事だけをまとめました。


    • 20歳〜69歳まで仕事をしている人だけ利用可能である
    • 申込は必ずインターネットから!
    • インターネットの場合はあえて「フル入力」を選ぶ!
    • 仮審査完了の連絡が来たらインターネットで契約する事を伝える
    • メールをすぐに確認し、本人確認書類を送付する
    • 送付後は在籍確認が行われる
    • 在籍確認後はすぐに契約が行われる
    • 契約後はアプリの会員登録を行う
    • アプリへログインしておき保存しておく
    • セブン銀行ATMで出金する

    といった流れで行けばスムーズに行くと1時間〜2時間程度で融資を受けれるのでこの手順に添って利用されてみてください!


    他にもこのページでは言及していませんが、ポイントサービスを利用して無利息期間を延長したり、ATM手数料が無料になったりなどサービス等は他社よりも多く揃っているので急いでいる人はプロミスがホントにおすすめです。